韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
生“て〜はみんぐっコール”は凄かった。
d0021973_17161337.jpg

ただいま関空におります、sungsaです。
無事帰ってまいりました。
特に大きなトラブルもなく
(小さなトラブルは旅につきものですもんね)
帰国できたのがなによりです。

18日の夜の試合からかなり時間がたってしまいました。
その後、韓国も、そして日本も16強に残れず残念でした。
速報でお伝えすればよかったんですけど
無線LANの設定に不慣れでうまく行かず…
音沙汰なしだったもんで、ご心配かけてたりしたら、
ほんとに申し訳ありません。

お陰様でいろんな体験が出来ました。
おいおい記事にしてアップしてゆきます。
まずは、18日のフランスvs韓国の現地の模様だけでも、どうぞ!

d0021973_17155370.jpg

d0021973_17211139.jpg

d0021973_17152081.jpg

d0021973_1724723.jpg

[PR]
by sungsa | 2006-06-25 17:17
行ってきます。
d0021973_14453872.jpg



行ってきま〜す。

と言っても韓国へ、ではないんです。
実は“독일とぎる”へ、W杯観戦に。
実は私、なにを隠そう、けっこうなサッカーフリークでして…。

観る試合はな〜んとぉ、프랑스 대 한국フランスvs韓国!!
こりゃ、盛り上がらずにはいられません!
しかし日本戦のチケット入手は難しかったですわ…。

ええっと、PC一式持って行きますんで
現地からレポートなんかも出来れば送りたいなぁ、
なんて考えておる次第です。

無線LAN、ちゃんと海外で出来るやろか?
駄目なら帰国後の報告とゆう事でお許しください。

サッカーに関心をお持ちでしたら football-go-round
またドイツの田舎ルポに興味がおありでしたら 北播磨田園日誌
も合わせてご覧いただければ幸いです。

もちろん韓国サポーターとの交流は
こちらFUNKY韓国でお伝えするつもりですんで。
ひとつ宜しくお願いします。

幸先よいスタートを切った韓国チームと
最悪の逆転負けから蘇れ!な日本チーム。
果たして18日の結果やいかに?

では、行ってまいります!


sungsa


あっ!ちなみに帰国は25日(日)の予定でございます。
では、皆様お元気で。
[PR]
by sungsa | 2006-06-17 01:03
韓国語の工夫(こんぶ)  その1


いつの間にか春が過ぎ6月になり随分経ちました。
関西では梅雨入りして、昨日の大阪は雨の御堂筋でした。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

この新学期から希望に胸を膨らませて
韓国/朝鮮語の学習をスタートされた方も
たくさんいらっしゃることでしょう。

思い起こせば
私がNHKのハングル講座のテキストとCDを買って来て
勉強を始めたのは2001年の10月の事でした。
から、この秋でもぅ丸5年になりますね。

その間いろんな事がありました。
振り返ってみると四苦八苦しながら
ハングル(韓国/朝鮮語)を習ってきたことで
自分の人生が何倍にも豊かになった気がしています。


韓国を旅をする度に増えてゆく楽しい思い出や
一期一会の出会い。
韓国の友人達とのこと。
種類も量も豊富で辛くて美味しい料理…
韓国歌謡や映画、ドラマ、本や雑誌…
とても親近感が持てて
でもどこか異なるお隣の風習や文化、そして言葉。
歴史問題をはじめとするシリアスな問題…


そしてこのブログを始めて、こうしておつき合い頂いている
皆さんに出合えたこと。


もちろん今も韓国語を学んでいる途中ですけども
(最近ちょっと怠け気味…)
習い始めた頃の初心を忘れないためにも
懐かしい記憶やらエピソードを
ここらで防備録的にメモしておくのもいいかなと思いました。

今回は学習の定番=NHKラジオ講座の事など書いてみます。
まだ勉強を始めて日が浅く苦労なさっている方、
僭越ですが多少なりとも参考になれば幸いです。


私が最初に受講したのは
『NHKラジオハングル講座』6ヵ月分
2001年10月〜2002年3月 金裕鴻
2001年4月〜9月 油谷幸利
の両先生の講座です。
後者は韓国語を習っていた友人の勧めもあって
テキストとCDを貸してもらいました。

金裕鴻先生の講座はとにかくスピードが速くてとまどいました。
ゲストの方の話す言葉がなかなか聴き取れなくて。
先生の達者で凛とした日本語もけっこう早口でしたね。
でも短い例文ばかりなのでめげずに繰り返し復唱して慣れてくると
その言葉のテンポと歯切れのよい進行が快くなりました。

油谷先生は対照的にゆっくりした進行ですので分かり易かった。
定評ある小学館の『朝鮮語辞典』の編者のお一人でもあります。
後に通うことになったハングル教室の先生は油谷先生の教え子で
教科書も内容的には同じで、すごくスムーズに入って行けました。

タイプの違うおふたりの講座を聴いて結果的に正解だったと思います。
ネイティヴの金裕鴻先生から発音やリズム、韓国語の発想を主に学び
油谷先生の講座は文法の解説が分かり易かったように思います。


ラジオ講座のメリットは

1.長年の放送実績があるため、教え方のノウハウが確立されている。

2.毎日決まった時間にラジオを聴くことで学習を癖づけし易く、
またテキスト代等受講料を考えても安価である。

3.6ヵ月・100のステップでひと区切りとしているので
半年ごとに違った先生から初歩を繰り返し学べる。

4.集中的に学びたければCDやテキストのバックナンバーを購入できる。

などでしょうか。

今は小倉紀蔵氏の“キゾ−式ハングルのセオリー”が放送中ですね。
数年前のテレビ講座でもお馴染みだったハングルパズルを使って
優しくハングル(韓国語)を解説されているようです。
ネイティヴのお二人のちょっとした韓国語の会話も
アドリヴのように交えて楽しい雰囲気で進行してますね。

オープニング、이홍복イ・ホンボクさんの
“출발”(出発!)の雄叫び(笑)で気合いが入り、
番組の最後、이 미현イ・ミヒョンさんの
その日の内容を押さえた韓国語のひと言が、
なかなか気が利いていて楽しいんです。
今日は何を言ってくれるのかな、とそれを聴くために
私は毎朝ラジオに耳を澄ましております。(笑)

動詞の活用とか、いっぺんには覚えられないから
今はとりあえず、こうゆうものがあると理解だけしてください、
なんてキゾー先生が優しく言ってくださるのも心が軽くなりますよ。
[PR]
by sungsa | 2006-06-16 06:33
声に出してみたい韓国語 〈第6回〉
d0021973_1894259.jpg


그렇구나~

この言葉、私は韓国の方が口にするのを
二度ほど耳にした覚えがあります。
一度は釜山のヒョンの口から。
それと、最近ウリ講座の留学生Tさんと話していて。

二人とも해요体(打ち解けた丁寧語)だったのが
実はね××は○◯なんですよㅎㅎㅎ、みたいな話をしたら
なんだか感嘆した様子で“くろっくな〜”とつぶやきました。

別にヘンな話をしてたわけではありません^^。
念のため。
ちなみにヒョンは私にきちんとした韓国語を身につけてほしい、と
あえて私に対してパンマル(ぞんざい言葉)を使わない人なのです。

Tさんによると、
この言葉を使うシチュエーションとして思い浮かぶのは

1.相手の事情説明を聞いてなるほど、と納得した時
2.困っている時に人からいい知恵をもらって、感じ入った時
3.久しぶりに友達にあって、今何してるのか近況を聞いた後  など
そんな場合に、그렇구나~と言うんだそうです。

“くろっくなぁ〜”、なんとなく“そうなんだぁ〜”に似てますよね。
ちょっと意外な話を聴いた後なんかに
ひとりごとっぽくポロッと口から出る感じでしょうか。
私の場合相づちを打つ時に使うのが
“그래요.(そうですか〜)”一辺倒なもんで
時々は少しオーバー(?)に
“くろっくなぁ〜”なんて言ってみたい衝動にかられるわけです。

目上のひとの前で使ってもOKですけど
丁寧な言葉に替えるとするならば
그러시군요.
などが適当でしょうか、とも聞きました。

해요体で話す相手でもある程度親しい間柄なら
タイミングよくこの言葉を使うのは
さほど失礼な感じは与えないようなんですが、どうでしょうか。

そんな具合にタメ口だけど柔軟に使えそうな点が
いまだにパンマルは子供相手にしか使えない私が
口にしてみたくなる理由なんですよね^^。
[PR]
by sungsa | 2006-06-03 23:05 | 声に出してみたい韓国語