韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
K-POPミュージカル=バトン!
misukさんから韓国繋がりということで
Musical Baton、光栄にも御指名頂きましてより1週間ちょい…
あの唄、この唄。選曲に頭を痛めつつも
気分はもぅウキウキ♪の毎日でした。
こと音楽の話となるとアドレナリンが大量分泌する私…。
実は幼い頃、町内にレコード屋さん一軒もなかったんです。
(註:今もない…またか)
だからなのか、反動で無類の音楽好き、
韓国へ行ってもCD屋さんを見つけては
同行者の迷惑顧みず
ついつい道草しちゃうボクなのさ。

そおして選考の紆余曲折の末、ついに決定しました!
(おおげさやなっ)
私(わたし)的韓国歌謡大賞!!
賞金もなんも出ませんが。
それでは、発表です! おっと、その前に…

Musical Baton♪とは
好きな音楽についての質問に答えて、
もらった人にトラックバックを返し、
また新しい次の5人にバトンを渡して繋いでいくという
音楽好きには楽しい♪〜お遊びだそうです。
私のトラックバックを受けた方、
もしや関心がなければ、そのまま放置してください。
おもしろい!と思ったら回答をしてトラックバック!


5つの質問というのは以下のとおり。
『輝く!私(わたし)的韓国歌謡大賞』も併記しております。
っちゅうか、こっちの発表がメインみたいな…(苦笑)。



【Q1】PCに入ってる音楽ファイルの容量は?

A:PC=i-podの収録曲数は3209曲
  28.3GBでした。
  だがそのうち多分半分近くは
  韓国語ジャーナルやNHKハングル講座のCDから収録したもの。
  いわゆる語学教材なもんで、トラック数がやたらめったら
  多いんですよ…。



【Q2】いま聴いてる曲は?

A:最近一番よく聴いてる韓国歌謡はSE7ENの『THE ONE』



【Q3】最後に購入したCDは?

A:う〜む。最近買った韓国歌謡CDはオムニバスのライヴ盤
  『color of the SOULTRAIN』 
  詳しくは拙著“今年はノリノリの“SOULTRAIN”を日本でも!”を
  ご覧ください…。
     


【Q4】よく聴く、または特別思い入れのある曲を5つ
  
A:では、季節はずれの『輝く!私(わたし)的韓国歌謡大賞』、       
  COUNTDOWNで発表いたします!


  第5位

d0021973_147823.jpg

まずは元気者HIP-HOPユニット
people crew피플크루の
『セマウル運動새마을 운동』
懐かしのELOのディスコヒット
『Last train to London』を拝借して
見事今日的なダンスチューンに
仕上げました。


d0021973_147245.jpg
“うり ちゃる さらぼじゃ!
 우리 잘 살아보자!
(俺達、よく生きようぜ!)”
第3集『WE BELIEVE WE CAN FLY!』に収録。
アルバムを通して溢れるギャグも笑えます^^。
ゲストの女性ヴォーカル、声がイケてます。




  第4位

d0021973_1473990.jpg
d0021973_1475198.jpg


Brown Eyes브라운아이즈の『with coffee』
2001年の作品。
ユンゴン 윤건とナオル 나얼の2人組による韓国産アーバンR&B。
“美メロ”を唄うナオルの官能的なヴォーカル。
ユンゴンが弾くピアノの旋律を随所に配したCOOLなアレンジ。
しかもダンスノリはいささかも損なわれていないのが凄い。
韓国音楽シーンの流れを変えたと評されるも現在は解散。
それぞれの活動も要注目です。
第1集『벌써1년.....1년 후에도...』より。



  第3位

d0021973_1501686.jpg


d0021973_1502957.jpg

SE7ENの『熱情열정(PASSION)』
彼についてはさんざん語ってきたが、
まだ語り足りない私である(笑)。
この曲は2nd『MUST LISTEN』の
オープニングを飾るR&B=HIPHOPなナンバー。
SE7ENのスケールアップを
一気に印象付けた感がある。
微妙にシンコペイトするよなリズムのノリにはおもわず、のけぞってしまう。
まさに“熱情”が横溢するヴォーカル。そんでファルセットがまた艶っぽい。
ダンスのカッコよさは必見!ビデオクリップで是非確かめて!!



  第2位

d0021973_1519534.jpg

出ました!韓国のダイナマイト=ソウル=クイーン!!
イン・スニ인순이の『higher』
音楽番組『人気歌謡』で観た姐御のド迫力の
パフォーマンスにゃ、ほんまブッ飛びましたぜ。
原曲はスライ&ザ・ファミリーストーンです。
CD『A to Z』に収録。
バラードからジャンプナンバーまで
大人の女性の魅力たっぷり…タイトルの“A to Z”、意味深ですな。

d0021973_10131650.jpg





  第1位
そして栄えある1位に輝いたのは、
この人です!!

d0021973_16392498.jpg

イ・ムンセ이문세  『パルガンネボク빨간내복(赤い肌着)』

d0021973_16394510.jpg


2003年度のNHKハングル講座の
オープニング・テーマでしたね。
同名の第14集に入ってます。

軽快なホーンのイントロに導かれて
リズミカルかつ情感たっぷりに唄われるこの曲。
その昔、韓国の一般家庭では汚れが目立たないように
子供に赤い肌着を着せていたんだそうです。
つつましいけど楽しい我が家の夕べ。
子供たちを囲むアボジやオモニの姿…。
そんな情景が活き活きと描写されています。
♪“懐かしいです、涙があふれます、二度と戻れない場所…”
イ・ムンセは一貫して市井の人々の喜び・哀しみを
唄ってきたように思えます。80年代からずっと…
正に国民的歌手のひとりと呼べる存在でしょう。
また彼は冗談のセンスも抜群!
その話術を活かして、ラジオのDJの顔も持っています。
DVDで観た彼の『独唱会Ⅱ 독창회Ⅱ』(LIVE)は最高に楽しいものでした。
素晴らしいキャリアを持ちながらも奢らず
若々しく親しみやすい雰囲気を失わない彼は、
カッコいい、私の憧れのヒョン형(兄貴)なのです。


d0021973_1640875.jpg

写真は大賞受賞の知らせを聞いたイ・ムンセ氏、
喜びの(!?)四面相。

註:この大賞はフィクションです。
  日本のいちK-POPファンの妄想が生み出した産物であることを
  お断りしておきます^^。



 【Q5】バトンを渡す相手5人

A:バトンのつなぎ先は
   ねこさん。麗しきロマンス語の歌曲など、何卒。
   人気メルマガ『音楽PK』100回達成の桜さん。どうでしょうか?
   ごんごんさん。貴方の美意識でもってヨロシク!
   あと、和み系でharimaniaさん
   サッカー狂のfootleさん、お願いします。
   あれ?最後のふたりって…
[PR]
by sungsa | 2005-06-30 12:37 | ちょあへよK-POP
のむ とうぉよ…(汗)
d0021973_111535.jpg

너무 더워요…のむ とうぉよ…(汗々々々…)
むちゃ 暑いです…
大阪暑過ぎ。

ということで
もぉヴァーチャルにでも納涼したい私は
PCの画面にこの一葉の
緑涼やかな写真を
張り付けることにしました。

ここはあの景福宮(경복궁キョンボックン)の
奥座敷とでも申しましょうか、
はす池の端に静かに佇む風雅な建物は
香遠亭(향원정ヒャンウォンジョン)※です。
これでうちわ片手にせめてもの涼をとります。


しうぉねよ〜시원해요〜
涼し〜
皆さんもご一緒に…

よい海の写真があればいいんですけど無くてね…
この夏は釜山の海雲台(해운대ヘウンデ)でリゾートするしかないっスね!



香遠亭(ヒャンウォンジョン・Hyangwonjeong):
1867年、高宗が乾清宮(コンチョングン)を建てる際にその南側に池を掘り、池の真ん中に島を造ってそこに香遠亭を建て、木で造った陸橋に酔香橋(チィヒャンギョ)という名前をつけ、そこで散歩を楽しんだそうです。香遠亭は後方の北岳山(ブガッサン)と調和した、素晴らしい姿を誇る代表的なあずまやで、オススメスポット。ここは、景福宮の中で最も美しい景色が自慢の場所です!

seoulnavi.com>エリア>古宮>景福宮より
http://www.seoulnavi.com/area/miru.html?id=1
[PR]
by sungsa | 2005-06-29 23:31 | 旅の写真集
乱読?はんぐる本!!
今日まで内緒にしていたのだが
実はこのわたしも相当の乱読者である。
流石に某氏のように1日1冊ペース、とはいきませんけど。
長い々々通勤の合間の苦痛を癒してくれるのは
よい書物との邂逅である。(笑)
小説、エッセイ、漫画、雑誌、ハウツーもの…
およそジャンルや形態は問わない。
ページがあってめくれるものなら何でもよいのだ。


幼い頃、我が町には書店が一件もなかった。
(悲しいことに、今もない。※)
小学校脇にあった駄菓子屋の軒先に並べられた
一週間遅れの少年サンデーは
雨に打たれてぱりぱりになって
黄色く変色してたりするのであった。
そんな環境だったから私は
どうにも本に飢えた少年時代を送ったものだった。


今でもとにかく、“本屋さん”という空間が
好きで好きでたまらない。
本屋に籠る最長記録=ギネス挑戦ならば
喜んで受けて立とう、と思う。
(そんなもん、あるかい!)


そんな私の本好きの業は
たとえ日本を離れても変わらない。
昨夏ソウルを訪れた折り、念願かなって、
光化門前にある“教保文庫”へと
足を踏み入れることが出来た。
地下の広大なフロアは見渡す限りの書物で埋め尽くされていた。
そこはまさしく、
本の虫にとっては極楽、桃源郷、ワンダーランド
あっちの棚からこっちの棚へ
本の森を夢見ごこちで彷徨う私は一羽の蝶(^^!?)になっていた。


…結果、旅行かばんをはんぐる本ではち切れそうに膨らまし、
私はスキップしながら(ウソです)上機嫌で帰国の途に就いたのだった。
ろくすっぽ読めやしないというのに…。


今回は韓国の出版事情をかいま見つつ、
本フェチ?な私の“収穫”の一部をご紹介しよう…。



※北播磨地方全体では人口に比べ書店の数が多い、文教地区です(笑)
我が町出身の大手出版社S社の重役さんが講演に来て
そう太鼓判押してましたから…。


d0021973_14533544.jpg

まずは、あのベストセラー、
『話を聞かない男、地図が読めない女...』の韓国語版です。
表紙のイラストもウィットがあっていいです。
読む方は、というと…最初の2ページめで挫折中…
…また挑戦しますわ!




d0021973_1515317.jpg

写真童話です。『島と犬』です。
テレビの人気シリーズが本になった、と表紙にあります。
子供向けだからやさしい言葉で書かれているだろうと
パラパラ拾い読みしてますが知らない単語の多いこと!

d0021973_15028100.jpg

d0021973_1511055.jpg




d0021973_14553888.jpg

おしゃれです。タイトルは、
『わたしとティカだけが知ってる旅行地』。
“ティカ”っていい響きですね。“デジカメ”のことです。
日本でもそう呼ぶことにしません?

d0021973_1513477.jpg

d0021973_1514856.jpg




d0021973_14564878.jpg

韓国の『クロスビート』か?
洋楽アーティスト大フューチャーの音楽誌。
日本のBOWWOWがのってました。今韓国でキテるのかな。

d0021973_15173395.jpg




d0021973_14562324.jpg

『PREMIERE韓国版』ですね。クォン・サンウです。
中味にSE7ENの“MUST LISTEN”の
キャンペーン広告も載ってました。
紙質とか、誌面づくりも欧米っぽいです。
d0021973_15164170.jpg

サービス。




趣味の専門誌は日本ほど種類が多くないようです。
音楽誌やサッカー誌なんかもそれぞれ
2種づつくらいしか見かけませんでした。
やっぱり、日本は雑誌天国。
何でもマニアックに細分化されてますからね…。
しかし、ファッション誌はけっこう種類もあり
どれも一様にすごくぶ厚いのが特徴です。
韓国版“anan”なんて見ため日本の倍くらいのボリューム。
300ページを超えてます。
これも仕事柄、買ってみたんですけど
持つと、むっちゃ重い。

韓国の教育熱の高さを反映してか、
参考書や教科書の類いは、すごく多かった印象です。
いわゆるハードカバーは全体に
本の装丁が知的でやや大人しい感じ。
本の題名のハングルも毛筆だったりと、
洗練された東洋美を感じさせるデザインのものが多い。
街のハングル看板の自己主張ぶりとは極めて対照的です。

やはり書を尊ぶ伝統があるからでしょうか…。
[PR]
by sungsa | 2005-06-22 08:30
声に出してみたい韓国語 〈第3回〉
d0021973_15463595.jpg


うまく。
いやいや “うまk” と書いた方がいいでしょうか。
ハングルだと음악です。

分解すると “うm(음)=音” と “あk(악)=楽”。
このふたつが結合して反応し合うと
“うまk (음악) = 音楽” が生まれる、という案配です。
“m” と “あ” で “ま”。
音を分子構造の如く表すハングルの、なんと化学(科学)的なことよ。
なんか、感嘆してしまいますね。

案外韓国語学習って理数系のひと向き?かも。
ちなみにわたしは数字に弱い典型的な文系野郎ですが…。

この“うまk”、英語の“みゅーじっk”と同じく
Kの音を綺麗に発音するのがポイントでしょうか。
この“k”の音の切れ味が私にはたまりません。

“う”の音はもう御存じ、口を横に伸ばして発音するあれです。
kで終わるのは“韓国=はんぐk(한국)”の発音といっしょです。
(※ただし、はんぐっの“ぐ”は口をすぼめてやや突き出して発音します。)

そうすると、韓国歌謡は“はんぐkかよ”です。


最近発見(!?)したんですが、このkの発音、日本語で
私たちはしばしば日常的に使っているようなんです。

試しに“かんこくかよう”と言って
だんだんスピードアップしてみて下さい。

“かんこっかよう”になってませんか?

または“おんがく ききたい。”
これを早口で言えば、“おんがっ ききたい。”
になってないでしょうか。

これは、“く(ku)”の“u”の音が脱落して
“k”の音だけ残っているというのかな?
私は言語学の専門家でもなんでもありませんから
なんというんでしょうか、あっ『促音化』か…。
“っ”の音に変わるという、話し言葉特有の現象ですね。

つまり“く”の後にカ行の音を続けた時に
音がつまって“っか”とか“っき”に変化して、
韓国語でいうところの『濃音化』に似たような現象が
起こっているようなんです。

“かんこっかよう”=“はんぐっかよ”=“韓国歌謡”
もう音がソックリじゃあーりませんか。

普段の暮らしの中で(無意識に)私たちは“k”の音を使っている。
そう思えば、必要以上に韓国語の発音に悩むこともないかな…。
そんな強気な(笑)気がして来る今日この頃です。


[お断り]
今回は“たうむ(다음)”を掲載する予定でしたが、しりとり遊び
面白いかな、と“たうむ(다음)”“うまく(음악)”に変更しました。
次回は→“あっく=悪口(악구)”の予定です。

なんちゃって。…冗談(농담)です^^。
[PR]
by sungsa | 2005-06-17 22:00 | 声に出してみたい韓国語
景福宮には動物わんさか!
d0021973_17561484.jpg

よろぶん、あんにょんはせよ!

上の写真はおよそ1年前、去年の5月に景福宮で撮ったものです。
そうです、ここはソウルの都の
(ソウルとは“都=みやこ”の意味なのでこの言い方はヘン、か。)
その中心にデンと構える、李氏朝鮮時代の王宮なんです。
くわしいことはこちらをご覧ください。

広々とした空間に質実剛健な風合いの伝統建築群が並んでいます。
素朴で力強くシンプルな美しさは大陸的で、
日本の社殿の繊細な意匠とはまた違った味わいがあるな、と思いました。
驚いたのは、敷き詰められた石畳がまっすぐ平らじゃなかったこと。
石が整然と並べられずにでこぼこしてます。しかも傾斜あり。
実際、歩くとコケそう。(上の写真参照)
でも慣れてくるとその不揃いさが、かえって面白く感じられ、
全体におおらかな作風の王宮の造りにマッチした暖かみを感じます。

ところで皆さん、この広大な敷地の中に、
いろんな動物たちがひっそり鎮座ましましてるのをご存じでした?

帰国後、自分で撮った写真をじっくり眺めてましたら
おおっ、あそこにもここにも、いたるところにいるいる、
高貴な王宮の動物たち。
今回は彼らの生態?の一部を御覧にいれましょう。


d0021973_15254895.jpg

掘に半身を乗り出して寝そべっている姿が
こっちを威嚇してそうで、でも、なんとなく、ユーモラス。
これは虎でしょうか!
韓国で代表的な動物といえば、やはり虎(ほらんい)のようです。
サッカー韓国代表は“アジアの虎”ですし、
朝鮮半島のカタチは勇猛な虎に見立てられる程です。


d0021973_13385085.jpg
かゎいらしぃうま!?
正殿である「勤政殿」にあがる階段
わきの手摺にちょこんと座ってます。



d0021973_15271447.jpg

勤政殿の前で記念撮影してると、動物たちの気配が…。
それも取り巻くように複数。
ねこ(こやんい)?がじっと見つめてる。
正殿の守護を仰せつかっているんでしょうね。
実はこれらの像は東洋の陰陽五行説に基づいたものだそうです。

d0021973_1528519.jpg

こっこれは…ダーウィンに先んじた、東洋の進化論…?
虎?から人へ???
一番はしの像は帽子をかぶった両班の姿に見えますが…。
このひとつながりの彫刻は何を意味してるのだろう?
日本の鬼瓦みたいなものなのか?
ガイドブックを読んでも皆目わかりません…。
儒学の深い勉強が必要かも。

d0021973_14363934.jpg

遠景です。

d0021973_15285142.jpg

d0021973_15292525.jpg


さて、ここで問題です。
では、冒頭の写真には何体の動物像が写っていたでしょうか?
(答えは一番下に!)


他にも“ヘテ”と呼ばれる、
善悪をわきまえるといわれる獅子のような守護動物像もあるようです。
これは狛犬にも似ているそうな。
どなたか機会がありましたらその数をいっぺんカウントして来て
是非当方までお知らせ下さい。
わたしももう一度現地でじっくり観察してみたいもんです^^。

d0021973_16512452.jpg

(答え)6体確認できました。クリックして拡大で見てみて!
[PR]
by sungsa | 2005-06-09 12:59 | 旅の写真集
『乱読派』のみなさんへ、そして敬愛する乱読氏へ。
ブログ中止

こんばんは、sungsaです。
平素は拙ブログにおつき合い頂き有り難うございます。


『乱読派』のみなさんへ。

さて、あのあまりにも衝撃的だった乱読氏のブログ引退発表から
はや3日たちました。
少しづつ皆さん、落ち着きを
取り戻されつつあるところだとは、思います。
しかし、何かこう、キュッと胸を締め付ける
この想いはなんなのでしょう?
それは、乱読氏のことを案じる気持ちに集約される、
と思うんです。
寂しさ、悲しさは多少和らいだとしても
乱読氏のあの唐突な去られ樣を思うと…
きっと、皆さんもそうではないでしょうか?

乱読氏はその理由をおっしゃらないでしょうし、
プライベートな事情であれば我々が立ち入るべき
事ではないのかもしれません。
我々ブログ仲間にはただただ、
乱読氏の安寧を祈ることしか出来ないのかもしれません…。

あの方のことですから
どんな逆境をも乗り越えられることと信じておりますが。

今回ブログでの別れの辛さを私たちは骨身にしみて経験しました。
お互いペンネームしか知らない私たちですが
このような血の通った暖かなブログ交友の礎を築いてくださったのは
まぎれもなく乱読氏。そのひとです。

今回これを書いたのは実は
ご無理を申し上げるのは重々承知で
あえて乱読氏にお願いしたい事があるからなんです。


乱読氏に月に1度、いや、3ヵ月に1回でも
どなたかのブログにコメント書込みをお願いするのは
酷であり、叶わないことでしょうか。
我々の中の誰かひとり宛でいいと思うんです。
その時気にいられた記事に対して、ご負担にならない程度に。
それもほんと手短でいいんですよね。お得意の“www”だけとか。
(少なすぎやって!)
ただ乱読氏の元気な“お声”を読んで
皆で確認できれば嬉しいし、
今はそれだけでも有り難いことではないでしょうか。

※これを読んで賛同いただき、
以下の乱読氏宛の趣旨に賛同頂ける方は
トラックバックのコメントに書込みお願いします。
書込みをもって、署名のかわりにしたいと考えています。


ここからは
敬愛する乱読ソンペへ。

ちゅうことなんですわ。まあ聴いてください。

そのソンペのお言葉を皆で分かちあいますんで。
(ひょっとして我ら“乱読教徒”?)
いやその、我ら名付けて、『乱読派』なんですわ。
文芸の世界でいう“何何派”みたいな。
平たく言えばネット時代の同人誌仲間みたいな。

『乱読派』。カッコええでしょう?
この命名はtaizannさんのアイデアを勝手に拝借しております。
(すみません、taizannさん)

乱読ソンペ、
たとえ筆は置かれても“名誉会長職”が待ってますよ。
そんなお方がいらっしゃらないなんて
話しにならへんやないですか。
いや“名誉会長”でも“特別顧問”でも“ご意見番”でも
なんでも好きなんお選び下さい。
月に1度あるいは3ヵ月に1度の巡回?コメント
ご無理のない範囲で、どうか切にお願い致します。

もしこのお願いが叶わないならソンペ、
せめて我ら『乱読派』のブログをたまにでも
ご覧いただくことをこの場でお約束下さいませんか?
…また復活されるその日まで。

本好き、エッセイ好きがソンペを中心にこうして集えたんです。
ソンペが見ていてくれてはる、
と思うことがどれだけ皆を力づけ、書く気を倍増させるか、
考えてみて下さい。


乱読ソンペ、ひとつ、よろしゅうおたのもうします。
(西川きよし調で)
[PR]
by sungsa | 2005-06-07 02:42 | 韓食道楽
언젠가 또 만날때 까지...
ブログ中止
갑자기 인사알씀을 받았어서 놀랐습니다...
슬퍼서 어쩔줄을 모릅니다.
농담하시지 않아요?
농담을 좋아하시니까...
이유가 모르겠어서 저는 좀 걱정도 해는대...
건강하십시오!
그 즐거운 문장을 앞으로 읽을수 없으면 너무 슬픕니다.
지금까지 친하게 지내주셨어 정말 감사드립니다.
다른 분야로도 활약을 하시기를 바랍니다.
언제든지 재 블로그에 오십시오!
저는 기다릴게요...
혼마니 마때마수요!

언젠가 또 만날때 까지...
안녕히 계세요.
[PR]
by sungsa | 2005-06-04 23:23 | 韓食道楽