韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
<   2004年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
韓国語表記には“ひらがな”を当ててみよう!
発音こそちょい違いますが韓国語と日本語。
その文法と発想、さらに漢字由来の言葉はついつい笑いそうになるほど
とてもよく似ています。
それは韓国語学習者なら誰もが体感する、
(???学習者なら誰もが体感する、)
なんちゅうか、“直訳”でほぼ通じてしまうような気さえする
楽しさではないでしょうか。
誤解を恐れずに大胆にいえば、
(問題発言と、曲解しないでください…)
極端な話、互いが互いの“方言”と感じられるほどの近しさです。
ここで、

《提言》 韓国語をひらがなで(無理矢理)表記してみよう!

(例1)
ね が はるけ! (韓国語)
わし が やる け! (広島弁)
わい が する さけ! (播州弁)
おれ が やる から! (日本語)

(例2)
はんぐげ かった わっそよ。 (韓国語)
かんこくへ いって きたよ。 (日本語)

(例3)
おってよ。(どうですか? =韓国語)
おってよ。(ここに いてね。=播州弁)

おってよ? 
ホンマ、よく似てるでしょ?
外国語起源の言葉をカタカナ表記するのは
日本語のならわしですが、韓国語に関しては
ひらがな使用の方が、このよーに、類似がよーく分かり、
親しみが倍増するとおもうんですが。
NHKはんぐる講座の小倉先生いかがでしょう?
他にも、東京の地下鉄の車中でおっちゃん同士の会話、
韓国が聞こえるな、と思ったら抑揚が似て非なる
東北弁だった、とか。本で読んだことあります。

一見難解とゆうか、謎の記号でしかないハングルもコツさえつかめば、
慣れるに従い、文字と認識出来てくるから面白いもんです。
逆に日本語をハングルで書くのも楽しい。
韓国語ジャーナルではキム・テイさんが実践をおススメされてますね。

よろぶん ど い よるむ え はんぐご るる こんぶ へ ぼ じゅせよ。
みなさん も この なつ に かんこくご を べんきょう して みて ください。

くろむ よろぶん っと まんなよ。
では みなさん また あいましょう。


※(注)上記のひらがな表記は正確に韓国語の発音を
    表しているわけではありません。
    当たり前ですが、韓国語の音を表記するには、
    やはりハングルが最適です。
[PR]
by sungsa | 2004-06-28 00:35 | 韓関類似語辞典
ソウル=ティーンポップの超新星SE7EN(セヴン)登場!
ヨロブン、アンニョンハセヨ!
ヨジュム ノム トプチャナヨ
(最近 ムッチャ 暑いやないですか)
コンガンハゲ チネゴ ゲシムニッカ?
(健康に=元気に 過ごして いらっしゃいますか?)


とゆーことで、やっと、K-POPネタ、行きます!
なにしろ近頃ヨン様始めイ・ビョンホンや俳優たちの
タレント本なら腐るほど出回ってますが、
K-POPのみを音楽的に詳細にとりあげたもんは
皆無に等しい状態なもんで…。
韓国(ハングッ)のWEBでも探さんことには
情報が手にはいらへん。
(そこがマニアックなフロンティア精神を刺激するけど)
ですので、以後殆ど感想文になることをお許しください。
(また情報収集しまっス!)


ここで特ダネ風見出し。

輝かしきバブルガム=ソウル=ティーン・ポップの系譜。
その正統なる後継者、ハングッに現わる!
その名はSE7EN “セヴン” 《前編》

(解説/大森庸雄=ウソ)


“彼”を初めて目にしたのは、
なんのことはない、昨年の春、NHKハングル講座の
ユミンのインタビューコーナーでのことだった、確か。
白いハンチングを目深に被り、ウルフカットの髪に
フレア気味のタータン柄のパンツ姿で、
ローラーシューズで軽やかに円形のややチープな印象のステージを
滑走しながら唄うその姿は(やや記憶間違い及び脚色アリ)、
もはやアジョッシ(オジサン)な年齢のワタシを
懐かしの70’S的空間へ誘うに充分過ぎたのだった。


※以下、わかる人以外は連想ゲームに付き合わなくてもいいです(笑)。

◎ローラーシューズ→ ローラーゲーム→ 東京ボンバーズ
◎ハンチング→ルーベッツ
◎タータン柄やったかどうかはかなり筆者の思い入れが幻覚を
見せているかもしれませんが、なんと、この既視感、
その佇まいが→BCRフィンガー5ジャクソン5
70’ティーンアイドルの王道を強烈に思い出させるそれやったんですわ。。
ローラーシューズでカッコよく滑走しながら唄うのが、なんか、また、ネ。

 
そんで、うた。
これがよかった。
CDを買いに梅田のタワレコへ走ったけれど置いてなくて、
先日ソウルの南大門市場(ナム デ ムン シジャン)近くの
地下街(チファガ)の小さなショップでやっとゲットした。
ジャケ写からアイドル臭ムンムンでアジョッシのわたしは
しばらく買うのをためらいましたが。


若干18才にしてのデビュー曲、“ワ ジョ”
教えを乞うてる韓国人留学生某嬢によると、
日本語で “(帰って)来て”。
ちなみに英題は“Come Back To Me”。
コンセプトはまんまジャクソン5のデビューヒット、
“I Want You Back”です。
曲調はかなり違うけども。
ミディアムテンポのバラード、のっけからSE7ENのややかすれ気味で
ヤングな魅力たっぷりな声による唄いっぷりがグーな名曲です。
タメるところ、ちょっとマイケル=ジャクソン入ってます。
あー韓国語によるノリの良さ、歌詞の切なさ、
サビのリフレインの見事さ、
SE7ENの発散する韓国語の発声のエモーショナルな魅力を
ここでお伝えできひんのがツラい!
これはもう、Jackson5の“I Want You Back”、
フィンガー5の“個人授業”、
はたまたハンソンの“キラメキ☆MMMBOP”などと並ぶ、
ティーネイジ=ソウル=ポップの傑作でしょう。
いまならタワレコ梅田に若干1枚置いてあるので
ピン、ときた方は奪取してください。


ちなみに“セブン”ゆうてもソロです。芸名です。
このへん、ローラーシューズ(しつこい)といい、
プロダクションの売り出し方のなんとなく
一発当てたろ的山師な感覚がまた、very good!
もう、日本のジャニーズを飛び越して、本場モータウンです。
でもチョンマル、(ホンマ、)よくプロデュースされてて、
韓国歌謡界の成熟を感じますね。


なんとか、公式ホームページを探りあてたので、以下そのアドレス。
http://www.hello7.co.kr/


いっぺん、行ってみてください。
すごく良い出来のホームページでアイドル然としてて、
モシッソヨ!(かっこいいです!)
……あ〜恥ずかし(オヤジ年齢の私だから)。
でもええもんはええんです。


いま韓国のネットをサーフして入手した情報によると、
韓国各音楽新人賞を総ナメにした1st “Just Listen…”に続く
待望の2ND アルバムが7月7日に発売予定。
そしてどうやら日本進出プロジェクトが静かに進行中らしい。
いや、イケルんちゃうか。
長年ポップシーンの盛衰を観て来て研ぎすまされた
ワタシのミーハー感覚がそう云っている。
中国(台湾?)には既に露出済み。

c0072231_162211.jpg


なんか音楽の話しになると興奮して
ますます取り留めがなくなってきましたが、
次回、《後編》は題して、
“SE7ENが日本で売れるこれだけの理由!”
と、芸能誌的にアプローチした後、
さらにK-POPの魅力に踏みこみたいと思います。
まだまだ紹介したいアーティストが順番待ちしてますんで
キデ へ ジュセヨ!
(期待 して ください!)


クロム、コンガン ハセヨ〜!
(では、お元気で〜!)

c0072231_16224426.jpg

[PR]
by sungsa | 2004-06-07 00:32 | オヤジSE7ENペンの熱情(笑)