韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
カテゴリ:旅の写真集( 17 )
へうんで有情
よろぶん、あんにょんはせよぉ〜!!
(みなさん、お元気ですかぁ〜!!)
d0021973_22413211.jpg

またしばし、ご無沙汰しておりました。
ねー、わたしは今釜山は海雲台(へうんで)のビーチにいます。
と、これは前も使いましたね…。

そう、残暑がやや残りつつももはや秋空が広がる季節ですが
今回、真夏の韓国屈指のリゾート地の模様をいまさら
ちょっと待って、PLAYBACK! してみたいと思います^^。
d0021973_22555212.jpg

d0021973_2341741.jpg

d0021973_21433695.jpg

美しい海雲台(해운대へうんで)のビーチ。
妙にM(マクド)印のパラソルがきちんと整列してるのが
あの賑やかな街の風景と比べて不思議。
ビキニ姿の夏女ソニアとか刺激的な郁恵ちゃん風・夏のお嬢さん、
はたまたチャコの海岸物語な光景なんて一見して
全く見られず、どちらかとゆーと
若い子供連れとかファミリー、あくまで健全・健康な
リゾート模様が展開されてるって感じなんですよ。
タクシーのやや若い運転技士様(要は運ちゃんです、日本語やと)に
尋ねると、地元の釜山っ子達は都心を離れた
松亭(송정そんちょん)海水浴場とかへ行くらしいです。

d0021973_22592190.jpg

写真のビーチの奥に見える丸い丘が『たるまじ달맞이(月見)の丘』
といって、その向こうに松亭はあるらしいです。
もっと(!)海がきれいらしいです…。
そこでは青春がはじけて、
若い男女の恋模様が展開されてたりするんでしょうか!

d0021973_22582815.jpg

日本のように“海の家”風の掘ったて小屋がないのも
きれいでスッキリした浜の印象に一役も二役も買ってます。
では休憩や着替えや一杯は何処で?
答えは松林の間に並んだこのテントで。
結局今回立ち寄らなかったんですが、
青いテント群の中に噂の海雲台の屋台(포장 마차ぽじゃんまちゃ)が
あったのだろうか?

d0021973_23284366.jpg

海岸沿いの通りにはリゾート感溢れるホテルが並んでます。
決して道端のあがしを写したかったわけではありません。

d0021973_23174641.jpg

今回、柄にもなく海雲台(へうんで)グランドホテルという
特一級ホテルに一泊しちまいました!
でも結局寝に帰っただけで、その豪華な設備を
活用出来たとは言いがたいです。
ビーチを見下ろす自慢の展望大浴場も
帰国の朝出発前に入って慌ただしかったことよ。

d0021973_23161635.jpg

d0021973_23183010.jpg

一歩浜を離れると海鮮市場の通りがあったり、
あれこれ飲食店がわんさか。このごった煮的賑やかさ、
もう毎日が祝祭だぁ!


d0021973_2320546.jpg

海辺のBARで夜が更けて…


d0021973_23213491.jpg

海雲台の街の様子。ここでも高層のアパート아파트
(日本でゆうマンション)が林立してます。

d0021973_1482885.jpg

海雲台駅。なかなか瀟酒な駅舎でいいな、
この駅から乗ってみたいな、と
鉄道好きの私は思ったんですが、
どうも列車の本数が少なく、釜山駅方面に行く時は
駅前通りの下すぐに駅のある地下鉄の方を利用しました。
または釜山駅前から市内バスで海雲台に戻ったり、
広安里からは帰るのにはタクシーを使いました。
釜山駅や南浦洞の辺まで行くには地下鉄やバスで
1時間ほどかかります。釜山の街のでかいことよ。

d0021973_23292837.jpg

夏の思い出…。


おそまつでした。
[PR]
by sungsa | 2005-09-23 23:55 | 旅の写真集
夏の海雲台(へうんで)より
d0021973_1026314.jpg



よろぶん、あんにょんはせよぉ〜!!
(みなさん、お元気ですかぁ〜!!)
ねー、
わたしは今、釜山は海雲台(へうんで)のビーチに来ています!
と、言いたいところですが、ほんまはもう日本に帰って来ています。

ここはですね、
韓国屈指のリゾート地でですね、
もぅ紺碧の波がうねるよに寄せては返し、
童心に戻って波と戯れるのにはもぉ最高!(ちぇご!)な
ロケーションなんですよ!!

詳しいレポートは次回以降に譲るとしまして^^。
とりあえず、海雲台のビーチより、遅くなりましたが
残暑お見舞い申し上げます!
d0021973_10264779.jpg

[PR]
by sungsa | 2005-08-25 12:30 | 旅の写真集
釜山へ行ってきます!
ついにその日が来てしまいました!
釜山へ。
大邱へ。
韓国の夏の暑さやいかに。
そしてきらめく海雲台(へうんで)ビーチの
夏模様は果たして?
大邱も夏は暑そうだ…。
韓薬市場をぶらついてみます。

読者よろぶん(読者の皆様)、報告お待ちくださいね。
では、行ってきます!

d0021973_6551740.jpg



留守番のかかし。
※本文とは何ら関係ありませんが…^^
[PR]
by sungsa | 2005-08-19 06:57 | 旅の写真集
釜山
d0021973_13323164.jpg

この夏、久し振りに釜山を訪ねる計画である。
どれくらい振りかというと1年と10カ月。
その間、ソウルへは2度行っている。

釜山は2002年の6月に福岡から高速艇に乗って
私が初めて行き着いた韓国の街だ。

船で外国へ行くのも初めてだったから
余計に気持ちが昂っていた。
水平線の向こうに韓半島が見えてくる瞬間を見逃すまい、
と気合いが入ってたのに
対馬沖を通過する辺りからうとうとしてしまって
目が覚めるとあっけなく釜山港に着いていた。

影島(よんど)が港を守るように寄り添っている。
山の急峻な斜面に建物が所狭しと並んでいる。
間近に迫るビル群の威容を船から見上げた。
海峡の向こうにある国際港湾都市。
この街から韓国の旅が始まるのだ、と思った。
そしてその旅は期待以上に素晴らしいものとなった。

2度目は一昨年の秋。

晩秋の釜山の街角に立った時の
少しひやっとしてさらっとした、
心地よく涼しい空気を思い出す。
秋の夕暮れ時の
国際市場(くっちぇしじゃん)や
南浦洞(なむぽどん)の雑踏が懐かしい。
それらの繁華街では屋台が通りのあちこちを占拠して
食欲をそそるような香りを競い合う。
何だか祝祭の日の様な賑わいが
港町特有の開放的な空気と交わって溢れ出す。
そして朝散策したチャガルチ市場。
捕れたて鮮魚の刺身を堪能した。

今回は真夏。
釜山はまた、美しい浜辺を持つリゾート地でもある。
海雲台(へうんで)、広安里(くぁんあんり)…。
港街の豊潤な海をまた存分に楽しむとしよう。


d0021973_13455865.jpg

d0021973_13462338.jpg

d0021973_13473686.jpg

※やっとこさ PC環境が回復しました。
その間何度も拙ブログにお越しいただいた皆さん、
ご足労おかけしました。
silkyroughさんの話だと釜山も相当暑い様子です。
密かに釜山からLIVEで!?ブログ更新目論んでいます。
silkyさんと“共演”できたら最高ですね^^。
気まぐれな記事更新ですが、
今後とも、何卒、おつきあいよろしくお願いいたします。

sungsa
[PR]
by sungsa | 2005-08-02 13:48 | 旅の写真集
のむ とうぉよ…(汗)
d0021973_111535.jpg

너무 더워요…のむ とうぉよ…(汗々々々…)
むちゃ 暑いです…
大阪暑過ぎ。

ということで
もぉヴァーチャルにでも納涼したい私は
PCの画面にこの一葉の
緑涼やかな写真を
張り付けることにしました。

ここはあの景福宮(경복궁キョンボックン)の
奥座敷とでも申しましょうか、
はす池の端に静かに佇む風雅な建物は
香遠亭(향원정ヒャンウォンジョン)※です。
これでうちわ片手にせめてもの涼をとります。


しうぉねよ〜시원해요〜
涼し〜
皆さんもご一緒に…

よい海の写真があればいいんですけど無くてね…
この夏は釜山の海雲台(해운대ヘウンデ)でリゾートするしかないっスね!



香遠亭(ヒャンウォンジョン・Hyangwonjeong):
1867年、高宗が乾清宮(コンチョングン)を建てる際にその南側に池を掘り、池の真ん中に島を造ってそこに香遠亭を建て、木で造った陸橋に酔香橋(チィヒャンギョ)という名前をつけ、そこで散歩を楽しんだそうです。香遠亭は後方の北岳山(ブガッサン)と調和した、素晴らしい姿を誇る代表的なあずまやで、オススメスポット。ここは、景福宮の中で最も美しい景色が自慢の場所です!

seoulnavi.com>エリア>古宮>景福宮より
http://www.seoulnavi.com/area/miru.html?id=1
[PR]
by sungsa | 2005-06-29 23:31 | 旅の写真集
景福宮には動物わんさか!
d0021973_17561484.jpg

よろぶん、あんにょんはせよ!

上の写真はおよそ1年前、去年の5月に景福宮で撮ったものです。
そうです、ここはソウルの都の
(ソウルとは“都=みやこ”の意味なのでこの言い方はヘン、か。)
その中心にデンと構える、李氏朝鮮時代の王宮なんです。
くわしいことはこちらをご覧ください。

広々とした空間に質実剛健な風合いの伝統建築群が並んでいます。
素朴で力強くシンプルな美しさは大陸的で、
日本の社殿の繊細な意匠とはまた違った味わいがあるな、と思いました。
驚いたのは、敷き詰められた石畳がまっすぐ平らじゃなかったこと。
石が整然と並べられずにでこぼこしてます。しかも傾斜あり。
実際、歩くとコケそう。(上の写真参照)
でも慣れてくるとその不揃いさが、かえって面白く感じられ、
全体におおらかな作風の王宮の造りにマッチした暖かみを感じます。

ところで皆さん、この広大な敷地の中に、
いろんな動物たちがひっそり鎮座ましましてるのをご存じでした?

帰国後、自分で撮った写真をじっくり眺めてましたら
おおっ、あそこにもここにも、いたるところにいるいる、
高貴な王宮の動物たち。
今回は彼らの生態?の一部を御覧にいれましょう。


d0021973_15254895.jpg

掘に半身を乗り出して寝そべっている姿が
こっちを威嚇してそうで、でも、なんとなく、ユーモラス。
これは虎でしょうか!
韓国で代表的な動物といえば、やはり虎(ほらんい)のようです。
サッカー韓国代表は“アジアの虎”ですし、
朝鮮半島のカタチは勇猛な虎に見立てられる程です。


d0021973_13385085.jpg
かゎいらしぃうま!?
正殿である「勤政殿」にあがる階段
わきの手摺にちょこんと座ってます。



d0021973_15271447.jpg

勤政殿の前で記念撮影してると、動物たちの気配が…。
それも取り巻くように複数。
ねこ(こやんい)?がじっと見つめてる。
正殿の守護を仰せつかっているんでしょうね。
実はこれらの像は東洋の陰陽五行説に基づいたものだそうです。

d0021973_1528519.jpg

こっこれは…ダーウィンに先んじた、東洋の進化論…?
虎?から人へ???
一番はしの像は帽子をかぶった両班の姿に見えますが…。
このひとつながりの彫刻は何を意味してるのだろう?
日本の鬼瓦みたいなものなのか?
ガイドブックを読んでも皆目わかりません…。
儒学の深い勉強が必要かも。

d0021973_14363934.jpg

遠景です。

d0021973_15285142.jpg

d0021973_15292525.jpg


さて、ここで問題です。
では、冒頭の写真には何体の動物像が写っていたでしょうか?
(答えは一番下に!)


他にも“ヘテ”と呼ばれる、
善悪をわきまえるといわれる獅子のような守護動物像もあるようです。
これは狛犬にも似ているそうな。
どなたか機会がありましたらその数をいっぺんカウントして来て
是非当方までお知らせ下さい。
わたしももう一度現地でじっくり観察してみたいもんです^^。

d0021973_16512452.jpg

(答え)6体確認できました。クリックして拡大で見てみて!
[PR]
by sungsa | 2005-06-09 12:59 | 旅の写真集
2004年夏…ソウル→公州→ソウル
よろぶん、おれがんまにえよ!
(みなさん、おひさしぶりです!)
しばし休暇を頂きまして、またもや性懲りもなく
熱いソウルの暑い夏を体感してまいりました。
のむ、とうぉっそよ〜!(むちゃ、暑かった〜!)
こうやって暇を見つけては韓国巡礼の旅に出かけてしまうのも
ハングッ中毒者ならではの症状と申せましょう。

そこで今回は夏休み特別編、取り下ろし写真特集で綴る
リアル=コリア・ナウ!
をお楽しみ下さい。
くろむ しじゃっかるかよ。(では はじめましょうか。)

d0021973_2065550.jpg

ソウル市庁前、トクスグン(徳寿宮)の壁に
ディスプレーされた書。


d0021973_2075098.jpg

ソウル一の繁華街・明洞(ミョンドン)にあった
骨とう品やの前に無造作に置かれた韓半島の地図。


d0021973_2010234.jpg

モシッタ〜!(カッコイ〜!)ハイパーにモダンに変身したソウル駅。
デザインテイストは仁川国際空港のそれと酷似。


d0021973_20111568.jpg

ついに乗っちゃった、乗りたかったKTX(韓国高速鉄道)。
この4月に開業したばかりの、
フランスTVG使用のコリアン新幹線。
最高時速300kmで快適走行しかし座席はバス並みに狭いゾ。
セマウル号のゆったり感がもはや懐かしい。


d0021973_20121897.jpg

公州(コンジュ)の公山城(コンサンソン)にて。
ここはいにしえの百済の都なのだ。


d0021973_20144668.jpg

公山城の広場になぜかのんびり干してあった唐辛子。


d0021973_20163353.jpg

公山城(右手のこんもりした丘がそうです)を望む
錦江(クムガン)の河川敷。
ひろびろ、あおあおとした芝とゴールポスト。
やんちゃ盛りの子供にとって、他に何がいる?


d0021973_20172027.jpg

公州のバスターミナルで。
韓服につばひろのとんがり帽子、長いひげをたくわえたおじい様が
カッコいい。いい具合にお年を召して初めて似合うスタイルぢゃなかろうか?


d0021973_2018289.jpg

毎朝通いつめた食堂のアジョッシ(おじさん)イチ押しの
名物料理、アルタン。たらこ入りのタン(湯=スープ)。こいつを
汗をにじませはふはふ食うと朝からいきなり昇天だ!
ノムマシッタ〜!めちゃうま。5000ウォン(約500円)也。


d0021973_1601917.jpg

体験しましたぜ、あかすり、サウナ。
男性もオッケーのお店は少ないようだ。
日本円で基本コース8000円は高め(日本人価格?)だが、
確かに気持ちE〜!


d0021973_1603554.jpg

南大門市場(ナンデムンシジャン)の飯屋街の佇まいが
とってもディープ。
呼び込みのアジュンマ(おばちゃん)の掛け声が今日もこだまする。
こうしてワタシはまた少し血を濃くして還って来たのでした。



〈続く〉
[PR]
by sungsa | 2004-08-15 20:01 | 旅の写真集