韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
カテゴリ:旅の写真集( 17 )
釜山での酒杯
d0021973_23535917.jpg

2002年の6月。
W杯の試合を観戦するため、初めて渡韓した時のことだ。

釜山アシアード競技場でフランス対ウルグアイの熱戦を観た後
まだ興奮が覚めやらない私は初夏の微かな夜風を快く感じながら
夜の釜山の街を歩いて、競技場から遠くない旅館へと向かった。
宿で重い荷物を降ろした後、遅い夕食を摂りに再び街へ出た。
それまでの数日間、散々辛い料理を口にしてきた私は
正直日本の味が恋しくなっていた。
今でこそメウンゴ(辛いもん)大好きな私だが
当時はあまり韓国料理なんて食べた事が無く、
ましてや本場の辛さに、舌がすっかり麻痺状態になっていたのだ。

ふと“Sea food”と書かれた看板が眼に留まり、足を止めた。
…刺身(フェ)が食べられる。

外から覗いてみるが中の様子は分からない。
恐る恐る扉を開けて入る。
靴を脱いで上がる。正面のやや奥まった処に
8人くらいのグループが座卓を囲んでいる。
それ以外に客はいない。
私は入り口のすぐ横の4人用のテーブルの処に座った。
店の女の子が注文を聞きに来る。
なんとかハングルは読めるのでメニューを見ながら
たどたどしく刺身を注文する。
『イルボン サラミセヨ?(日本の方ですか?)』

そうです、と答えると彼女の顔がほころび
姉が日本へ嫁いでM県で暮らしていること、
沖縄へ遊びに行ったことを話してくれた。
私も韓国までワールドカップの試合を観に来たこと、
博多港から高速艇で来たことを
拙い韓国語でなんとか伝えた。
いつこちらへ来たのか言おうとしたが
『きのう』という単語が出てこない…
日本語で『きのう』と彼女に言ったが分からない。
しばらく思案していた彼女が『…オジェ?』と訊く。
『ああ、オジェ、オジェ!』
思わず喜んで声が大きくなる。
グループ客の方から視線を感じた。
日本人がこんなところで夜遅く、独りで食事の注文をしているのを
いぶかしく思っているのではないだろうか。
私は再び少し緊張して店の端に座っていた。

やがてフェが来た。
大皿一杯に盛りつけられた刺身をわさび醤油で食べる。
美味い…。
それまで毎度毎度慣れない料理の辛さに
お疲れ気味だった私の舌も喜んでいる。
ビールの味も今晩は格別だ。

その時だった。
奥の座卓の方から誰やら手招きしている。
こちらへ来なさい、というのだ。
戸惑いながら私は席を移った。
店の女の子に確認すると
独りで呑んでないで一緒に呑もう、と誘ってくれたのだった。

若い女性も混じった40代後半〜20代の集まりだった。
私の右隣りに座っている血色のよい丸顔の男が
笑みを浮かべて、早口で何かまくしたてる。
だが殆ど聴き取れない。
名刺を渡された。
そこには“釜山広域市蹴球協会”と書かれていた。

偶然にも彼らは私と同じく今晩の試合を観戦した帰りなのだった。
一番の目上格らしい、韓国サッカー協会会長の
チョ・モンジュン氏に少し似た男性を紹介される。
聞けば韓国ユース・チームの元コーチの方だった。
あの韓国代表ストライカー、チェ・ヨンスも指導されたそうだ。
彼の口からカワグチ、の名が出て来た。
日本代表GK、川口能活のことだ。

サッカー好きの私はすっかり気持ちがほぐれて
片言の韓国語で話の輪に加わってみる。
残念ながら彼らの言葉は少ししか理解できないけれど。
こんなに気分よく楽しい酒は何時以来だろう。
我々の間を取り持ってくれた店の女の子も少し離れて座って
微笑みながら我々の話を聴いている。
焼酎ソジュの杯が回ってくる。
順杯。韓国で술잔돌리기スルチャントルリギという。
順番に飲み干した杯を隣りの席へ注いで渡していくのだ。

丸顔の男性が何時でもここへ電話してこいよ、と
名刺の隅に自分の携帯の番号を記す。
私は電話で会話できるほど韓国語が出来ないというのに…。
視界がぼやけてくる。
これは夢だろうか…私は美味しい酒に心地よく酔っていた。

楽しい宴にもいつか終わりの時間が来る。
チョ・モンジュン氏似の元コーチの方が全て支払って下さった。
韓国に割り勘文化のない事は聴いていたが、
闖入者と言っていい、見ず知らずの日本人の私の分まで全て、である。
感謝と恐縮の想いで彼らを見送りながら
私は『カムサハムニダ』と
ただただ、何度もお礼の言葉を繰り返すのだった。

一期一会。

新聞やテレビの報道だけでは決して知りえない、
韓国の人たちの情に初めて触れた夜だった。

d0021973_23541366.jpg

[PR]
by sungsa | 2008-03-31 23:50 | 旅の写真集
西の韓国
d0021973_22534694.jpg
d0021973_22541553.jpg
d0021973_22542930.jpg

Soul。
一瞬Seoulの見間違いではないか^^、と思いましたが
これは先日スペイン・バルセロナの中心地カタルーニャ広場で見た
サムソンの携帯の巨大広告です。
他にもバルセロナの空港を出て市内に向かう高速バスの車窓からも
でっかい手のオブジェの形をした同社の広告を見ましたし、
またいたるところでLG製の液晶ディスプレイが使われていますし、
3枚目の写真、同じくカタルーニャ広場に面したビルの上に並ぶ
KIA MOTORSの文字をご覧いただけるでしょうか。
今や欧州への韓国企業の進出はすごいの一言ですね。

実は昨日まで10日ほどバルセロナ〜ヴァレンシアと、
地中海に面したスペイン東部を旅行してきました。
そしてなんとなく韓国と似てるなぁと感じるところが沢山ありました。

○半島国であること
○赤土のところが多いこと
○建築現場が散らかっていること(失礼)
○人々が陽気でノリがいいこと
○とても話好きであること
(スペイン語も韓国語もなんかパワフルな言語だという印象があります。文法的には共通点はないでしょうが)
○街のあちこちにぶらっと寄れる美味しい食堂(バルBAR)が沢山あること(料理の味付けは辛くはないです。というか、日本人の口に合う気がします)
○女性(アジュンマ?)が働き者でしっかりしてそうなところ
○どちらも内戦〜軍事独裁時代を経験しています。
陽気な表情の裏側にある暗い時代…
韓国〜北朝鮮はもちろん分断された状態になり
そのまま今に至っているわけですが...
韓国は東洋のラテン、とはよく聞く言葉ですね。
辛い過去を抱えていたとしても深刻になり過ぎずに
どこかあっけらかんと、明るくたくましく日々を暮らす
人々の姿がだぶってみえました。
[PR]
by sungsa | 2008-02-29 23:51 | 旅の写真集
夕暮れ時の港街で
d0021973_22245466.jpg

夕暮れ時の釜山の街角。
働き者のアジュンマ(おばさん)たちがお店を出す
国際市場(くっちぇしじゃん)近くのこるもっ(路地)。
晩秋の港街の空気は少しぴりりとして肌寒い。
湯気の暖気に誘われて
思わず馴染み客みたいに
所狭しと並んだプラスチックの椅子に
腰を落ち着けてしまいたくなる。
そじゅ(焼酎)を臓腑に染み込ませ、時おり
次第に青から漆黒に変わってゆく空を見上げたりしながら。

薄暮の時間の港街の賑わいは
どこか懐かしい縁日にも似ていて
赤・青・緑…カラフルな彩りと
灯り始めた商店の明かりの中で
ひとびとの表情が輝きと陰影を増してゆく。
僕は異邦人であることも忘れて
暮れなずむ街に溶け込んだ気がしていた。

d0021973_22253050.jpg

[PR]
by sungsa | 2007-09-30 23:27 | 旅の写真集
d0021973_0273332.jpg

이것은 뭐야!?




なんじゃこりゃ?

と思われたことでしょう…
ほんで、韓国となんの関係があるねん?と。
sungsaも暑さでオツムがやられたんじゃろ、と。


実はこれは“Hammering Man”という名の
機械仕掛けで動く巨大な像でして、
ソウルの街角に立って今日も道行く人々の頭上に
ハンマーを振り下ろして(笑)おります。
作者はJonathan Borofskyジョナサン・ボロフスキーという人。
昔京都で彼の個展が催された時には
残念ながら都合が悪く観に行けず、
3年前偶然にもなんとソウルのド真ん中で
その巨大な御姿を拝むことが出来たというわけです。
光化門前の広い通りを西に歩いて5分くらいでしたでしょうか。
像のすぐ横にある建物には일본국제교류기금 서울문화화센터
日本国際交流基金 ソウル文化センターがあって
そこでは日本の書籍や新聞、
また映画やアニメ、音楽等のDVDやCDが閲覧できます。



d0021973_8533572.jpg

d0021973_8534872.jpg

[PR]
by sungsa | 2007-07-31 23:58 | 旅の写真集
遠くへ行きたい〈韓国・公州編・後編〉
前回に引き続き、公州にある公山城の散策、続編です。




光復楼。よ〜く見ると御老人が寛いだ格好で座っておられますな。
d0021973_2140693.jpg


対に置かれた巨石の意味するところは…よくわかりません。
ご存知の方はご一報下さい。
d0021973_22401712.jpg


この楼閣の名は臨流閣と言うそうです。
d0021973_2142988.jpg


こんな感じの散策路が続きます。
d0021973_21513616.jpg


公州の市街地に面して、門がありました。
d0021973_22364195.jpg


坂を下れば錦江の流れが見渡せる御殿がひっそりと。
ここは霊隠寺(영은사)というお寺の史跡です。
d0021973_22365954.jpg


d0021973_22371628.jpg


犬がのんびり寝そべっていた夏の昼さがり…。
d0021973_22373060.jpg


d0021973_2237472.jpg


公山城の入り口から。
素朴でひっそりとした佇まいが古城の栄枯を映しているようでした。
d0021973_2238693.jpg


古城の傍らを錦江は今日も流れています。
d0021973_0312178.jpg

[PR]
by sungsa | 2007-05-31 23:41 | 旅の写真集
遠くへ行きたい〈韓国・公州編〉
♪し〜らなぁいまちをあるいてみ〜たぁあい〜
どおこかぁとおぉくへい〜きたぁあい〜♪

…と、いきなり失礼しました。



前回の全州に引き続きまして、ソウルや釜山などの
いわゆる定番観光コースからやや外れた、でも
韓国旅行ガイドには必ず載ってるという微妙な位置づけの
由緒ある歴史の街を訪ねてみたいと思います。
今回は忠清南道(중청남도)にある
百済の古都=公州(こんじゅ공주)です。



大田(テジョン대전)駅前。ここまではソウルからKTXで
1時間くらいでしたでしょうか。
d0021973_21482125.jpg

ハイパーな超特急の駅を離れて
ひなびた雰囲気の西部市外バスターミナルに着くと否応無く
俺遠くまで行くんだもんね、的なひとり旅の気分に浸れます。
このローカル味たっぷりの路線バスに乗ることに。
d0021973_2148517.jpg

30分ほどで公州バスターミナル到着。
d0021973_21513512.jpg


この川面を眺めたかった。錦江(クムガン금강)の流れ。
d0021973_21533435.jpg

この河は扶余(プヨ부여)付近で白馬江(ペンマガン백마강)と呼ばれ
昔日本史で学んだ白村江のことを指します。


やって来ました、公山城。
d0021973_21541850.jpg

d0021973_2154038.jpg

この昔ながらの素朴な売店の風情。
d0021973_21545629.jpg

売店横での風景。
d0021973_21551716.jpg

これは店主の仕業か、観光地の敷地ド真ん中で堂々唐辛子干し。
d0021973_2155337.jpg

拡大図。
d0021973_21555812.jpg


訪れたのは2004年の夏のことです。
ソウルからの半日観光で行ってみました。
百済最後の都=扶余もいいかなと思いましたが
やや遠かったので諦めました。
公山城。そんなに整備されてなくて素朴な佇まいですが
そこがかえって好ましく思えました。
昔の栄華が偲ばれます。
なんとなく市民の憩いの場という感じもあって
肩が凝らずに和(なご)めて◎。
次回もこの公山城を歩きます。


〈続く〉
[PR]
by sungsa | 2007-04-30 22:05 | 旅の写真集
全州散歩
全州チョンジュ전주は
全羅北道のほぼ中央にある古都です。
人口約60万人。
後百済の都。李朝の祖=李成桂が生まれた街。
韓国有数の穀倉地帯である湖南平野を背景に
ピビンパやコンナムルクッパの発祥の地として名高い食の都。
思えばこの街で私は韓国料理の洗礼を受けたのでした^^。
本場の激辛ピビンパを泣きながら食べた記憶が
今も鮮やかに蘇ります(笑)。
…ちなみにユン・ソナの故郷でもあります。
d0021973_0452286.jpg


객사客舎
李朝時代に各種の儀礼が行われたところだそうです。
d0021973_2346462.jpg

d0021973_23462212.jpg

풍남문豊南門
ソウルの南大門に似た李朝後期の門楼様式による城門。
d0021973_21343563.jpg

d0021973_21345239.jpg

殿洞聖堂
d0021973_0454195.jpg

경기전慶基殿
1410年に李成桂の肖像を奉安する為に創建されたそうです。
d0021973_2135319.jpg

한옥마울韓屋村
今は5年前よりも保存地区として整備が進んでいる事でしょう。
d0021973_21361053.jpg

d0021973_21362836.jpg

d0021973_21364621.jpg

d0021973_21371458.jpg

伝統茶のお店を見つけて入ってみました。
何を隠そう、このブログ=FUNKY韓国のタイトル左下の写真は
ここの店の主人に撮ってもらった物なのでした。
d0021973_2142995.jpg

d0021973_21381817.jpg

또 가고 싶어졌어요...
また訪れたくなりました、全州…。
d0021973_2139423.jpg

[PR]
by sungsa | 2007-03-31 21:47 | 旅の写真集
セマウル号の車窓から
d0021973_23102738.jpg

韓国の新幹線、KTXが開業して
今やすっかり影が薄くなったけど
特急 セマウル号が好きである。

大陸の鉄道だなぁ、と思わせる堂々としたボディ。
ゆったりとしたシートと車内。
改めて写真を見るとパンタグラフがないから、
電車ではなかったことを思い出した。
線路が広軌だから電化されてなくても
かなりのスピードが出た。

私が始めて韓国を訪れた2002年、
大動脈路線である京釜線(ソウル〜釜山間)の主要駅は
KTX開通を控えて改築工事の真っ最中だった。
その後のわずか数年で釜山駅、東大邱駅、大田駅、水原駅…
そしてソウル駅まですっかり仁川空港テイストの
ハイパーモダンな駅に変身してしまったのには驚いた。

ソウルから釜山まで約4時間20分かかっていたのが
約2時間40分に大幅に短縮された。
日帰りが可能になり、ビジネスにも利便性が増したことだろう。
そのかわりにKTXはセマウル号に比べると座席が狭く
旅情味にもやや乏しい印象がしないでもない。

5年前、初渡韓時のハードな旅程。
釜山→水原→釜山→大田→全州→ソウル。
ワールドカップの試合を観るために街から街へ。
セマウルに揺られて韓国内を北へ南へ移動するうち
いつしかその内実はサッカー観戦の旅から
素顔の韓国に触れる旅へと変化していったのであった。

d0021973_23105874.jpg

水原(スウォン)駅のホームで
(冒頭の写真は旧釜山駅のホーム)

d0021973_21364891.jpg

京釜線の車窓から。釜山近郊の田園。

d0021973_2313261.jpg

同じく京釜線。洛東江の流れに沿って列車はひた走る。
[PR]
by sungsa | 2007-01-30 23:11 | 旅の写真集
黄金(こがね)色の佛國寺
d0021973_2223622.jpg

晩秋の時期になると決まって、一昨年訪れた
慶州경주の風景が思い出されます。
慶州とは新羅時代신라시대の古都で、慶尚北道にあって、
人口30万人程の落ち着いた佇まいの街です。
日本だと奈良に相当するでしょうか。
でも少し市街地を離れるともう、
あたり一面農地が広がっていて、
その素朴な風景が懐かしい感情を抱かせるのです。
不粋なコンビニやらファミレスやら
とにかくダラダラと郊外店舗が並んでないのが
韓国のいいとこです。
都会と田舎、市街地・宅地と農地が、
はっきり分かれていてメリハリがあるんです。

仏国寺불국사は慶州のバスターミナルから
バスに乗って30分ほどの距離でしょうか。
1995年に世界文化遺産として登録されています。
やはり韓国有数の観光地なので
正門への坂にお菓子やら土産ものやら
いろんなお店が並んでるのも楽しかったです。

秋の日は短くてお寺の中を巡るうちに
もう西日が射して来ました。
そしてその、夕陽に染まった風景が紅葉もあいまって
いっそう美しく思えました。

d0021973_2235120.jpg

d0021973_2241476.jpg

d0021973_2243450.jpg

あの山の向こうにはおそらく海(韓国では東海)があるのでしょう。
そして文武大王の海中王陵が。
そう思うと、無性に山に登ってみたくなりました。
山ひとつ隔てて、新羅の名刹と果てない東の海が対峙している…
その位置関係に何だかロマンを感じてしまいます。

ひととおり仏国寺を巡り終え、坂を下りつつ眼にした
寺の西方、南山남산に沈み行く晩秋の夕陽。
そしてその光に照らされた慶州の平野の風景は
穏やかに輝いて、何故か郷愁を覚えさせるのでした。

それからタクシーを頼んで慶州の市街地に戻り
古墳고분を観に向かったのですが、代表的な天馬塚천마총
辿り着いた時には既にどっぷり日が暮れていました。
古墳内部はじっくり見学できたのですが、
暗くて巨大古墳群の偉容をちゃんと観れなかったのが残念です。

d0021973_2252272.jpg


さて、写真は慶州…
ではありませんよ^^。
何処だと思いますか。
ヒント=日本です。
慶州のものとはスケールが全く違いますが、
なんだかよく似ていますよね。

実はこれは私の住む、兵庫県の多可町にある
古墳群で、東山古墳といいます。
6世紀末〜7世紀ごろの土地の豪族の墓であった、とのことです。
天馬塚が5〜6世紀のものらしいですから
その末裔が海を渡って、うちの田舎に移り住んだ、
なんて想像してみるのも楽しいですね。



※またお詫び…
本文中“全羅北道”とあったのは“慶尚北道”の大間違いです。
全羅北道の古都は전주(全州)です。嗚呼大間違い…
silkyroughさん、有難うございます…。
[PR]
by sungsa | 2005-12-10 00:52 | 旅の写真集
海雲台よ、また来る日まで…
d0021973_22582488.jpg

釜山滞在最後の日、ホテルのエレベーターからの一枚。
前日の好天はどこへやら、また曇り模様なんだが
早朝の人気のない海岸線が奇麗だ。

今度来る時は、東菜(동래とんね)温泉(온천おんちょん)に
ゆっくり浸って、
silkyさんおすすめの釜山名物구포국수(クポククス)を味わって、
海雲台のこのビーチでもゆったりとした時間を過ごしたいものだ…。

その時までに、腹のダイエットは必須だな…。
待っててくれ! 釜山の海よ!
[PR]
by sungsa | 2005-10-10 23:00 | 旅の写真集