韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
カテゴリ:韓食道楽( 10 )
朝のあっさり系韓食
d0021973_14155083.jpg

韓国だと呑み過ぎた翌朝(辛)…なんかに、
こんな朝ごはんがあるのが嬉しいんですわ。
ソルロンタンとトルソッパプwithカクトゥギ。

d0021973_2010359.jpg

全州にて。
看板をよく観ると、トルソッソルロンタン専門店だったのね。
[PR]
by sungsa | 2008-01-30 14:14 | 韓食道楽
大邱でありついた、おかいさん
夏に韓国に行ってからはや3ヵ月が過ぎ、
今はもう12月…。

釜山では愚かにも注文間違いして
朝から매운めうん(辛い)국수くくすを食べる羽目になり、
ちょっぴり
辛(から)くて辛(つら)い(笑)思いもしましたが
幸(さいわ)い大邱(대구てぐ)で教えてもらった죽ちゅくのお店で
淡白でさっぱりした、美味しいお粥さんにありつけたのでした。
幸福(행복)했어요^^.
d0021973_17142726.jpg

d0021973_17145148.jpg

[PR]
by sungsa | 2005-12-11 22:02 | 韓食道楽
チャガルチ カルトQ
d0021973_1815078.jpg

お待たせしました!
チャガルチクイズ、答えの発表です。
d0021973_1552424.jpg

※写真をクリックすると拡大表示します。



전복, 낙지, 개불, 광어, 우럭
ちょんぼっ、なっち、けぶる、くぁんお、うろっ  とはすなわち
あわび、てながだこ、?、ひらめ、くろそい
のことでした。

チャガルチのアジュンマ(おばちゃん)直筆の、ハングル。
わたくしsungsaの汚い筆跡の、ひらがな。
そして問題の細くくねるやわらかい謎の海産物、?のえ。

なんでこれを え にしたのか、といいますと 尋ねたとき
アジュンマもその日本名を知らなんだからなんです。
なんか知らないけど、水槽の中のを指さしながら
美味しいから、と勧められたもんで食べてみたのでした。

辞書で調べると、これは“ゆむし”というんですと。
かなり詳しいレポートも発見しました。ㅎㅎㅎ。

たらふく旨い刺身を喰ったあとやはり、シメは매운탕めうんたんで。
っちゅうか、めうんたんが無性に食べたかったんです。


そんな昔ながらの港町情緒たっぷりのチャガルチ市場も
今、変革の時期を迎えているようです。
市場を収容する巨大でモダンな建物が建設されるようで、
工事計画の概要と完成図を載せた大きな看板がありました。

釜山が港としての地の利の良さと豊富な観光資源を活かし
国際都市として飛躍しようとしている中で、チャガルチにも
相応のリニューアルが求められているのでしょうか。
たとえ建物は新しくなっても、この先、
あの市場の活気と人情が変わらないことを願いたいものです。




d0021973_1834652.jpg






写真真ん中やや下
升に入った
貝の干したもんが
なかなか美味しいです。
3時のおやつにも、
焼酎のアテにもいけまっせ!
量り売りしてます。





※お詫び
皆さんすいません。
「전보ちょんぼ」は「전복ちょんぼっ」の間違いでした…。
また、「전복ちょんぼっ」と「우럭うろっ」の
日本の名前を間違えて記載しておりました。
正しくは「전복ちょんぼっ」が「あわび」、
「우럭うろっ」が「めばる」でした。
本文は訂正しております。間違った情報をお伝えしておりました。
申し訳ありません…。
ご指摘頂きましたmistylakeさんに感謝しますと共に、
以後間違えないよう注意致します…。

※お詫び
かなり経過してますが(汗)また訂正です。
キューピー林さんからコメントを頂きまして
「우럭うろっ」の和名は「めばる」ではなく、『クロソイ』だそうです。
そしてmistylakeさんと論争になった^^「낙지なっち」ですが
これは正確には『テナガダコ』にあたるとのことです。
「문어むの(文魚)」は高級な大きなタコを指すとのことです。
本文もあわせて訂正しております。申し訳ありません。
豊富な海産物の知識をもとにご指摘頂いたキューピー林さんに
お礼申し上げます。感謝はmにだ。有り難うございました。
[PR]
by sungsa | 2005-12-04 13:45 | 韓食道楽
チャガルチ再訪
11月も後半。めっきり寒くなってきました。
皆様おかわりありませんか。

夏の間の事ですから、随分と時間が経ってしまいましたが
また釜山のチャガルチ市場に行って
海の幸三昧した時の模様はお伝えせずにはおれません。
d0021973_22162036.jpg

d0021973_2215189.jpg

今回は市場のアジュンマ(おばちゃん)に魚介類の韓国名を尋ねたり
少し会話を楽しんだりしながら刺し身を頂いたのでした。
(しかしアジュンマの話す釜山の言葉はよくわからないとこが多かったようです。)

注文したんは 우럭, 낙지, 개불, 광어, 전복です。

勉強の為、アジュンマに紙に書いてもらいました。
さて、日本での名前はそれぞれ何でしょう?
(答えは次回に)


※皆さん申し訳ありません…。
silkyroughさんのご指摘通り、전보は전복の誤りでした。
遅くなりましたが、ここにお詫びして訂正致します。
12/6 sungsa
[PR]
by sungsa | 2005-11-19 22:39 | 韓食道楽
朝から激辛!!
前夜たらふくカルビを食ってガンガン焼酎を流し込んだ胃には
やさしい、お粥さんを食べようと朝から小雨降るへうんで界隈を
同行のK氏とぶらぶら。
なんせ雨がうっとおしいので、
ホテル前の通りにあった居心地よさ気なお店に決めて
そそくさと入る。
さて、注文。
二日酔い、寝ぼけ頭の我ら。
“국수(くくす)”という名が
おかいさんのこっちゃなかったっっけ?、と
店のアジュンマによく確かめもせんと、当てずっぽうで頼んだら!
出て来たのは冷麺…。あらまっ!
しかも中央にトッピングされてる赤いものは…!! あいごっ!!
……舌が麻痺する感覚を味わいながら
辛さで目が覚めた。
いわば、モーニング=ショット!って感じかな…。

お粥のことは“죽(ちゅく)”と言います。
“국수(くくす)”となんとなく似てないですか?
え?全然似てないって? そうですよね…
ちなみに韓国語で『국수를 먹다(くくす=そばを食べる)』というと、
『結婚式をあげる』、という意味にもなります。
目出たい料理なんですね^^。
d0021973_2194935.jpg

※写真は己らの注文間違いにわなわなと震える
 K氏、やり場のない怒りの拳。
 そして、麺。(でも美味そうやな、やっぱり!)
[PR]
by sungsa | 2005-09-16 06:30 | 韓食道楽
海雲台牛カルビ家
d0021973_1251060.jpg

海雲台(해운대へうんで)の焼き肉屋さん
해운대암소갈비집へ
silkyさんに連れて行ってもらった。

伝統的な韓屋(한옥はのく)の店構えがとてもよくて
ああ、韓国にやって来たんだな、と思う。
真ん中にちょっとした마당まだん(広場)
みたいな空間が設けてあって、
それを囲むように軒が重なっている。
床が低くて敷居が低い?というか
家族的な暖かい雰囲気に満ちている。
膝を崩して座ると
(というか韓国に日本の正座の習慣はないけど)
気持ちも解(ほぐ)れて、ほんと寛(くつろ)げた。
テーブルとテーブルの間に仕切りなんてなくて
他のお客さんとの距離が近いように感じるのだけど
なぜかまったく気にならない。
というか心地良くさえある。
韓国へ行くたんびに感じる、
ひと と ひとの距離感、空気の微妙な違い。
それを言葉にするのはとても難しいのだが。

うまく、説明できないんだけど
そこ・ここにスキンシップの感覚が漂っている、というか…
韓国では、性的な意味じゃなくて
親しい間柄ならごく普通に“触れ合い”が盛んである。
女性同士、手を繋いだりとか。
(私は親しいヒョンに膝に手を置かれた経験もあります)
暖かくて、濃(親)密な空気に心地良さを感じるようになって
それにすっぽり包まれると、日本とはひと味違う
“韓流の”つきあい方ができるような気がしてくる。
そこが楽しいし、面白い。

d0021973_17291956.jpg

まずは、たっぷり並んだ前菜の반찬ぱんちゃん(おかず)をいただく。
牝牛のカルビを待つ間、これら豊富なおかずに舌鼓を打つ。
これだけでも、かなり食べこたえがある。
そして
炭火のコンロを下に埋め込んだ鉄板でカルビを焼く。
ほどよく焼けた肉をはさみでひとくちサイズに切り分けて食べる。
果実の汁が染込んだようなジューシーな味。うーm。旨い。
ほんま、ほっぺたが落ちそう、なくらい。

いいお店に連れて来てもらって、もぅsilkyさんに感謝、感謝。
너무 맛있었어요~^^


実は、あまりに楽しい酒の席だったので
暑くて脱いで置いていたポロシャツを店に忘れてきてしまった。

スケジュールが慌ただしく、取りに戻ったのが2日後の夜。
何とか同行のK氏が道を覚えてくれてて店まで連れて行ってもらった。
酒呑みの私の記憶は、はなはだ怪しかったので…(恥)
見覚えのある門を探し当ててホッと一息。

夏の夜。
門の内側に木のベンチが置いてあって、そこに
アガシ(お姉さん)が2人、座って涼んでいた。
結構遅い時間だったので店は既に閉まった後のようだった。

片付けの物音もする中、アガシたち、
なにやらおしゃべりに興じている様子。
しかも悠然と。そう…まるでずっと前からの日課のように。
お店のひとには違いなさそうなんで、
シャツを忘れた旨説明して、取って来てもらえるよう頼んだ。

アガシのひとりはベンチに片膝を立てて、足の指を気にして触っている。
そうしながら上目遣いにこちらを見て話に応じてくれたのだが、
その姿態がもうなんだか艶っぽかったのだ。
いや、韓国で女性が片膝を立てるのは作法に適っているでしょうし
普通のことだったんでしょうが、そういうポーズって
日本ではやや大胆な感じがしませんか?

そもそも日本だと、お客意識が前面に出てしまって
忘れ物を訊かれたりしたら、やおら立ち上がり、
おじぎのひとつもしてしまうかもしれん。

でもそうじゃなくて、夏の暑い夜にアンニュイな雰囲気を
漂わせながらおもむろに腰をあげて私のポロを探しに行ってくれた
あの妙齢のアガシ。ひょっとして韓国の夏の夜の精だったのかな…。

なんて、濃密な海雲台の夜に暑さボケしてる頭で
阿呆な想いを巡らせていた私であった。
[PR]
by sungsa | 2005-09-10 09:35 | 韓食道楽
韓食道楽 《北播磨編》
今回ご紹介するのは
兵庫県は加西市にある韓国料理・焼肉店『味園』です。

とある土曜日
うりハングル講座がひけた後
韓国からの留学生たちもいっしょに
お昼を食べに行きました。
いつも先生役になってもらってるので
生徒である私たちがごちそうする決まりです。
そういえばこの翌週には回転寿司を食べに行きましたね。
聞けば韓国でも最近は回転寿司屋が登場してきてるとか。

d0021973_13394430.jpg



まずは、生レバーです。
とろとろ、さっぱりした食感がたまりません。
こんなに旨いのに留学生女子2人組は
敬遠して口にしません。
講座仲間のK氏と私はぱくぱく食べました。



d0021973_13395822.jpg



お次ぎはサムギョプサル。豚バラ肉を焼いて
胡麻油のタレに漬けて葉っぱに包んで食します。
う〜む。ましっそ〜^^。

そして、お店の名物ニラチヂミ!
(写真なしです。お見せできないのが残念。直接お店でお確かめ下さい。)
さぁ、あ〜んしてパクッ!と、ひとくち頬張ったその瞬間! うっ!
こっ、この涙腺を刺激するよな激烈な辛さは…!!(涙々)

聞けば留学生2人組、H氏とS氏が
(“さん”の意味で“氏”をつけるのが韓流。“ミニョン・シ♪”でご存じ)
密かに(?)店の人にコチュを混ぜて、と頼んでおったようです。
うう、やられた…
久々に味わう“辛さ・韓国標準”ですね…。
水おかわり!



d0021973_1340546.jpg



ピビン冷麺です。
あ〜じっと見てるとまた食いたくなってきた。
最近なんしか暑いし。



d0021973_13411189.jpg



まぜまぜしたところ。
ちゃ〜、ちゃる もっけっすむにだ〜♪
(さぁ、いただきま〜す!)



〈交通案内〉
『味園』へは加西市にある
県立フラワーセンターから車で南へ10分ほど。
北条鉄道「法華口駅」の近くです。
またR372の法華口駅前交差点を
北に入って少し行けば右手に見えます。

北播磨ののどかな田園風景の中に立つ
大きな赤い看板が目印です。
関西方面の方はドライヴやハイキングがてら
訪れるのもいいと思いますよ。

座卓席・テーブル席ともゆったりしてます。
隣にはキムチ他の食材を売る店鋪スペースもあります。
(加古川と姫路の砥堀にも食材の店鋪あり)
わたしは“ムー(大根)キムチ”と“四川ラーメン(辛ラーメンの仲間)”
そして“眞露チャミスル”を買って帰りました。
夕食時、再度韓国の味にひたったのはゆうまでもありません^^。
[PR]
by sungsa | 2005-07-16 00:12 | 韓食道楽
『乱読派』のみなさんへ、そして敬愛する乱読氏へ。
ブログ中止

こんばんは、sungsaです。
平素は拙ブログにおつき合い頂き有り難うございます。


『乱読派』のみなさんへ。

さて、あのあまりにも衝撃的だった乱読氏のブログ引退発表から
はや3日たちました。
少しづつ皆さん、落ち着きを
取り戻されつつあるところだとは、思います。
しかし、何かこう、キュッと胸を締め付ける
この想いはなんなのでしょう?
それは、乱読氏のことを案じる気持ちに集約される、
と思うんです。
寂しさ、悲しさは多少和らいだとしても
乱読氏のあの唐突な去られ樣を思うと…
きっと、皆さんもそうではないでしょうか?

乱読氏はその理由をおっしゃらないでしょうし、
プライベートな事情であれば我々が立ち入るべき
事ではないのかもしれません。
我々ブログ仲間にはただただ、
乱読氏の安寧を祈ることしか出来ないのかもしれません…。

あの方のことですから
どんな逆境をも乗り越えられることと信じておりますが。

今回ブログでの別れの辛さを私たちは骨身にしみて経験しました。
お互いペンネームしか知らない私たちですが
このような血の通った暖かなブログ交友の礎を築いてくださったのは
まぎれもなく乱読氏。そのひとです。

今回これを書いたのは実は
ご無理を申し上げるのは重々承知で
あえて乱読氏にお願いしたい事があるからなんです。


乱読氏に月に1度、いや、3ヵ月に1回でも
どなたかのブログにコメント書込みをお願いするのは
酷であり、叶わないことでしょうか。
我々の中の誰かひとり宛でいいと思うんです。
その時気にいられた記事に対して、ご負担にならない程度に。
それもほんと手短でいいんですよね。お得意の“www”だけとか。
(少なすぎやって!)
ただ乱読氏の元気な“お声”を読んで
皆で確認できれば嬉しいし、
今はそれだけでも有り難いことではないでしょうか。

※これを読んで賛同いただき、
以下の乱読氏宛の趣旨に賛同頂ける方は
トラックバックのコメントに書込みお願いします。
書込みをもって、署名のかわりにしたいと考えています。


ここからは
敬愛する乱読ソンペへ。

ちゅうことなんですわ。まあ聴いてください。

そのソンペのお言葉を皆で分かちあいますんで。
(ひょっとして我ら“乱読教徒”?)
いやその、我ら名付けて、『乱読派』なんですわ。
文芸の世界でいう“何何派”みたいな。
平たく言えばネット時代の同人誌仲間みたいな。

『乱読派』。カッコええでしょう?
この命名はtaizannさんのアイデアを勝手に拝借しております。
(すみません、taizannさん)

乱読ソンペ、
たとえ筆は置かれても“名誉会長職”が待ってますよ。
そんなお方がいらっしゃらないなんて
話しにならへんやないですか。
いや“名誉会長”でも“特別顧問”でも“ご意見番”でも
なんでも好きなんお選び下さい。
月に1度あるいは3ヵ月に1度の巡回?コメント
ご無理のない範囲で、どうか切にお願い致します。

もしこのお願いが叶わないならソンペ、
せめて我ら『乱読派』のブログをたまにでも
ご覧いただくことをこの場でお約束下さいませんか?
…また復活されるその日まで。

本好き、エッセイ好きがソンペを中心にこうして集えたんです。
ソンペが見ていてくれてはる、
と思うことがどれだけ皆を力づけ、書く気を倍増させるか、
考えてみて下さい。


乱読ソンペ、ひとつ、よろしゅうおたのもうします。
(西川きよし調で)
[PR]
by sungsa | 2005-06-07 02:42 | 韓食道楽
언젠가 또 만날때 까지...
ブログ中止
갑자기 인사알씀을 받았어서 놀랐습니다...
슬퍼서 어쩔줄을 모릅니다.
농담하시지 않아요?
농담을 좋아하시니까...
이유가 모르겠어서 저는 좀 걱정도 해는대...
건강하십시오!
그 즐거운 문장을 앞으로 읽을수 없으면 너무 슬픕니다.
지금까지 친하게 지내주셨어 정말 감사드립니다.
다른 분야로도 활약을 하시기를 바랍니다.
언제든지 재 블로그에 오십시오!
저는 기다릴게요...
혼마니 마때마수요!

언젠가 또 만날때 까지...
안녕히 계세요.
[PR]
by sungsa | 2005-06-04 23:23 | 韓食道楽
チャガルチ市場でフェを食べてみる。〈後編〉
チャガルチ市場めぐりの後編です。
今回初の試みとして、すべてPhotoshopを使って仕上げてみました。
ので、原稿は画像上下2点で構成されています。
文字が読みにくいようでしたら
どれでも写真をクリックしていただければ拡大表示します…。
写真も若干見やすくなりますし、え〜っと、
お手数ですが、是非ともクリックお願いします^^。
d0021973_16103833.jpg
d0021973_16171393.jpg

[PR]
by sungsa | 2005-05-17 21:10 | 韓食道楽