韓国・韓国語やK-POPについてのピビンパプ(まぜごはん)的エッセイ集
by sungsa
カテゴリ
全体
ごあいさつ
profile
ちょあへよK-POP
ハングル路上観察
韓関類似語辞典
声に出してみたい韓国語
オヤジSE7ENペンの熱情(笑)
韓国歌謡の詩を味わう
韓食道楽
旅の写真集
한국어판
ライフログ一言コメント
ヨン様路上観察
未分類
以前の記事
声に出してみたい韓国語 〈第6回〉
d0021973_1894259.jpg


그렇구나~

この言葉、私は韓国の方が口にするのを
二度ほど耳にした覚えがあります。
一度は釜山のヒョンの口から。
それと、最近ウリ講座の留学生Tさんと話していて。

二人とも해요体(打ち解けた丁寧語)だったのが
実はね××は○◯なんですよㅎㅎㅎ、みたいな話をしたら
なんだか感嘆した様子で“くろっくな〜”とつぶやきました。

別にヘンな話をしてたわけではありません^^。
念のため。
ちなみにヒョンは私にきちんとした韓国語を身につけてほしい、と
あえて私に対してパンマル(ぞんざい言葉)を使わない人なのです。

Tさんによると、
この言葉を使うシチュエーションとして思い浮かぶのは

1.相手の事情説明を聞いてなるほど、と納得した時
2.困っている時に人からいい知恵をもらって、感じ入った時
3.久しぶりに友達にあって、今何してるのか近況を聞いた後  など
そんな場合に、그렇구나~と言うんだそうです。

“くろっくなぁ〜”、なんとなく“そうなんだぁ〜”に似てますよね。
ちょっと意外な話を聴いた後なんかに
ひとりごとっぽくポロッと口から出る感じでしょうか。
私の場合相づちを打つ時に使うのが
“그래요.(そうですか〜)”一辺倒なもんで
時々は少しオーバー(?)に
“くろっくなぁ〜”なんて言ってみたい衝動にかられるわけです。

目上のひとの前で使ってもOKですけど
丁寧な言葉に替えるとするならば
그러시군요.
などが適当でしょうか、とも聞きました。

해요体で話す相手でもある程度親しい間柄なら
タイミングよくこの言葉を使うのは
さほど失礼な感じは与えないようなんですが、どうでしょうか。

そんな具合にタメ口だけど柔軟に使えそうな点が
いまだにパンマルは子供相手にしか使えない私が
口にしてみたくなる理由なんですよね^^。
[PR]
by sungsa | 2006-06-03 23:05 | 声に出してみたい韓国語
<< 韓国語の工夫(こんぶ)  その1 SE7EN at グランキューヴ大阪 >>